金山町『美容と健康』炭酸温泉ツアー

奥会津の豪雪地帯、金山町(かねやままち)は滝沢温泉、大塩温泉、湯倉(ゆぐら)温泉、中川温泉、八町(はちまち)温泉、玉梨温泉、大黒温泉の7つの温泉を持つ温泉天国。野尻川沿いの町営共同浴場「せせらぎ荘」が昨年リニューアルオープンし、雪深い2018年1月22日〜23日にプレスツアーが実施されました。

心のふるさと、金山町を体感

国内では珍しい炭酸水の湧出する大塩温泉、さらには玉梨温泉が有名ですが、2016年9月オープンの日帰り温泉施設「温泉保養施設・せせらぎ荘」、そして2017年に復活した八町温泉(亀の湯源泉)の2つが増えて、さらに魅力がパワーアップ。

「日本の炭酸泉の中でも東の横綱と名付けたい」(温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト 石井宏子さん)という金山町ですが、この2つの「肌にぷちぷちと泡がつく炭酸泉の温泉」が加わったことで、その魅力と温泉パワーを伝えるべく取材会が実施されたのです。

「温泉保養施設・せせらぎ荘」自慢の大黒湯源泉(含二酸化炭素-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉=炭酸ガスを1121ミリグラム含有)の湯船は、源泉を湯船の下の方から注ぎ込み、空気に触れずに新鮮な温泉が供給されるように工夫されていて、「「肌にぷちぷち」という炭酸泉の魅力を堪能できます。

参加者には鉄道マニア垂涎のJR只見線の撮影ポイントや、奥会津の伝統産業のひとつ「和ロウソク作り体験」、パウダースノーで知られ、ちょっぴり穴場の「フェアリーランドかねやまスキー場」も取材して頂きました。

JR只見線は、中国のSNSで「微博」(ウェイボー)で「世界で最もロマンチックな鉄道」として取り上げられ今やその美しい景観が世界的にも注目されています。

宿泊は、日本秘湯の会に加盟の玉梨温泉「恵比寿屋旅館」で、もちろん、こちらも源泉かけ流し!
「恵比寿屋旅館」の貸し切り温泉には2つの浴槽があり、玉梨温泉の他に八町温泉(亀の湯源泉)が単独で注がれています。
というわけで、この貸切風呂で、またまたシュワシュワ感を堪能。

心のふるさとを感じながら、「美容と健康」にいい温泉にシュワシュワしながら入浴し、のんびりするのに絶好のエリアだというのが参加者に共通する感想でした。

以下は、参加者の掲載記事です。

夕刊フジ|板倉あつし

日刊ゲンダイ|いからしひろき

ZAKZAK|板倉あつし

日刊ゲンダイデジタル・温泉旅行マガジンゆこたび|いからしひろき

温泉達人コレクション|飯出敏夫

OurAge・日経電子版|温泉ビューティ研究家・石井宏子

ぐるなびippin(イッピン)・じぶん日記|西村愛

エディトゥール|熊山准

潮日本|tabikaoru(呉薫)

i live You !|コヤナギユウ

Voicy – 今日を彩るボイスメディア|如月サラ

たびねす|温泉ソムリエぐっち

ラジオ放送
CRKラジオ関西558
谷五郎のこころにきくラジオ/放送日=2月5日(月)14:15〜
『温泉トーク、かけ流し!』にて紹介

シュミカツ!|野水綾乃

シュミカツ! 

segask.jp/でこれを読む>

トラベルjp|河合理恵

韓国語で情報発信|Leo Joung

【ニッポン旅マガジン】取材レポート

【ニッポン旅マガジン】おすすめのスポット

twitter #奥会津金山町たのしー