知床ガイド協議会羅臼支部の依頼で、平成27年度にポケット版のミウラ折りMAP(広げるとA3サイズ・4色裏表)を制作しました。取材編集は、プレスマンユニオン、デザインはプレスマンユニオン「クリエイティブディレクター」・岡部照将が担当です。平成27年度は日本語版だけでしたが、平成28年度には英語版、韓国語版を制作。

平成28年度には地図を多言語化

知床がなぜ、世界自然遺産に登録されているのか? 実はまったくといっていいほど知られていません。
そんな現状を背景に、世界遺産登録の最大の理由である「流氷(海氷)がもたらす恵み(アイスアルジー)」を踏まえて、プレスマンユニオンでは精緻なマップを制作しました。

ミウラ折りは、人工衛星のパネルの展開方法を研究する過程で生み出された画期的な折り方で、一瞬で、開いたり、たたんだりすることができる地図です。知床ガイド協議会羅臼支部の協力のもと、現地の取材を丹念に行ない、専門的な部分は地元・羅臼町の専門スタッフの意見を取り入れて完成したものです。

平成28年度は、改訂版ということで、ミウラ折りをペラ地図に戻し、英語版、韓国語版を作成しました。
多言語化にあたっては、専門の翻訳家に依頼し、知床独特の文化や自然に関しても丁寧に意訳し、知床を初めて訪れる外国人にもわかりやすい地図に仕上がっています。

平成28年度は知床のアプリも制作し、知床・羅臼町のインバウンドのさらなる発展に微力ながらも尽力しています。

日本語版

英語版

韓国語版